実績:住宅

青山の家(建築家 川添純一郎)

現場日記でも15回連載しておりました、姫路の「青山の家」。
建築家 川添純一郎氏の設計監理で、株式会社 中村建設が施工させていただきました。

北に小高い山をのぞむ、高台の立地です。無駄のない、シンプルな切妻形状の外観で、玄関からは雨に濡れず下屋の駐車場まで通りぬけられます。

青山の家(建築家 川添純一郎)

腰掛にもちょうど良い高さの玄関収納。奥の薪はリビングのストーブに使うものです。

青山の家(建築家 川添純一郎)

家の中心に配置された階段ホール。下が寝室などの個室、リビングは2階です。

青山の家(建築家 川添純一郎)

リビング・ダイニングは切妻の外形を活かした天井の形です。ダイニングのペンダントライトは可動のフレームから吊るされています。フレームはテーブルの位置に合わせデザインした物です。

青山の家(建築家 川添純一郎)

キッチンの天板はステンレス、壁はモルタル、背面の収納はシナ合板の組み合わせでオーダー制作、周りと調和しています。

青山の家(建築家 川添純一郎)

眺望のよい明るいキッチン。右の小窓からは階段ホール、その奥からは子ども部屋の小窓からの光も見えるので、家事をしながらでも家の中の雰囲気を把握することができます。

青山の家(建築家 川添純一郎)

天井からでなく壁からの照明光を拡散させることで、室内に柔らかい光が広がっています。環境にもやさしく、自然な暖かさの薪ストーブはリビングのアクセントにもなっています。

青山の家(建築家 川添純一郎)

こちらは、北の緑を眺める作業室。集中してミシン掛けなどの作業をすることが出来ます。

青山の家(建築家 川添純一郎)

夜の佇まい。道路側に窓がないので、プライバシーを守りながら夜も静かに過ごすことができます。