実績:住宅

明石市内に「祠のある家」が誕生いたしました。外観はやさしい色合いの、延床面積120㎡を超える機能性とデザイン性を兼ね備えた住宅です。

隣に少し遅れて建築中の施主様ご両親のお宅があり、2軒がカーポートの屋根でつながっています。

駐車場から雨に濡れないスタイリッシュな引き戸の玄関です。

引き戸の玄関を開けると、まずはホワイトオークの収納がお目見え。

玄関框のアーチはあざやかです。

建具も収納と合わせた1間分のシューズクローゼット。

反対側には、自転車も入る3.5畳の土間収納。手摺やステンドグラスの建具もこだわって選びました。

LDKは24.5畳。ナチュラルな無垢の大黒柱は年月とともに味が出てきます。

リビングドアは玄関ドアと合わせて、濃い色で引き締め感を出しています。

ペンダントライトがアクセントに。

ホワイトベースの明るく清潔感のあるキッチン。

2畳のパントリーもあるので、オープンキッチンもごちゃつくことがありません。

琉球畳の畳コーナー。そしてお庭には祠が!

神々しく輝く祠は、この家の守り神になります。

リビングにも十分な収納。雪見窓もあり全面収納でも圧迫感がありません。

モザイクタイル貼りの手洗い。階段下スペースも無駄なく収納にしました。

トイレもアクセントクロスと遊び心のあるペンダントライト。

蜂の巣模様で、みつばちが可愛かったのでクローズアップ(^^)

2階へあがったホールに、1200幅の洗面台を設置。水周りを2階にもってきたので、ホールと洗面所を兼用することで、朝の忙しい時間に人がひしめき合うこともなくゆったりと使えます。

2階トイレのアクセントクロスは1階と色違いにしました。

4畳弱の家事室は洗濯機を置いても広々。同じ広さのバルコニーに続くので、洗濯の動線もよくなりました。

2階の床材も、すべて1階と同じ杉フローリングを使用。温かさと足への感触が断然に違います。

寝室には落ち着いたアクセントクロス。

奥には6畳のウォークインクローゼットでオールシーズンの衣類が仕舞えます。

2階居室は、床や壁に統一感を出しつつ、建具で個性を出しています。

細部にこだわり、すっきりとした中にアクセントになるものを多く取り入れました。収納の多さはライフスタイルを見越して計算されており、部屋がごちゃつくことがありません。見どころが多く、何をメインタイトルにしようか大変迷いましたが・・・やはり末永く家を守ってくれる祠の存在感は圧巻でしょう。ちょうどリビングの畳コーナーからのぞめ、方角や位置も考えて設置しました。